婚約指輪の意味

婚約指輪はプロポーズをするときに渡す大事な指輪です。
女性にとってはあこがれのジュエリーです。
そのため、婚約指輪へのイメージや希望、こんなシチュエーションで渡されたいなど、他のジュエリーにはない期待を持ってしまいます。
だからこそ、彼女が喜んでくれる姿を想像して、数か月前から準備をします。

婚約指輪を贈るという風習は、古代ローマ時代からありました。
婚約指輪は永遠の愛を意味するものです。
左手の薬指は心臓の血管に直接つながっていると言われ、左では信頼と意味し薬指は愛情を意味します。
このような意味合いから左手の薬指に婚約指輪をプレゼントします。
婚約指輪の平均的な費用は33万円といわれ、費用的にもったいないなどの理由から婚約指輪を贈らないカップルもいます。
そこで婚約指輪は必要なのだろうかという考えも出てきています。

実際婚約指輪はプロポーズの際に渡される大事な指輪です。
将来のパートナーとして一生一緒にいたいという気持ちを込めて男性は女性に結婚して下さいという気持ちを伝えます。
プロポーズはその気持ちを伝える事ですが、その気持ちがどれだけ真剣で、思いが強い物なのかという事を示す意味でも婚約指輪という高価なものをお送ります。
結婚式において結婚指輪を贈り合うまでの間、結婚をしたいという気持ちを示すものとして身に続けるのが婚約指輪です。
女性が婚約指輪を身に付ける事で、近い将来結婚を誓い合うパートナーがいますということを周りの人や全く知らない人でも明確に伝わる手段の一つとして婚約指輪は価値があると言えます。



□婚約指輪関連情報
価格やデザインから婚約指輪を選べるジュエリーショップです --- 婚約指輪 価格